スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バッテリーの技術を制するものが世界を制する」21世紀の覇権をかけ世界で激化する技術戦争

バッテリーについて調べました。
この記事おもしろいですね♪

以下、(「バッテリーの技術を制するものが世界を制する」 21世紀の覇権をかけ世界で激化する技術戦争(MONEYzine) より引用)

「バッテリーの技術を制するものが世界を制する」 21世紀の覇権をかけ世界で激化する技術戦争(MONEYzine)

■電池が世界を変える? 

 火事場の馬鹿力と言われるように、人間には修羅場や土壇場では思わぬ知恵が出て来たり、飛んでもない力を発揮する能力もある。

 誰もが馬鹿力を持っているわけではないだろうから、修羅場が終わり正常に戻った時には、力を発揮した企業とそうでないところのランキングが入れ替わったり、金持ちの順番が入れ代わったりすることになる。

 100年に一度なんて大袈裟なことを言う気はないが、いまは世界も日本も大きな転換期にあるのは誰れの目にも明らかだろうから、その意味では産業革命やルネッサンスのような変化が出て来てもおかしくない。

 不況が終わってみたらまったく別の世界が拓けていたと考える方がいいだろうし、そのためには過去に学びながら、過去の成功体験はむしろ忘れるほうがいい。よかった時代の帰らぬ夢に浸っている間に新しいイノベーションが進み、その新しい波に置いていかれることになりかねない。

 たとえば自動車である。20世紀は文字通り自動車の世紀であり、ヘンリーフォードのT型フォードで幕を明けたガソリンエンジンによるモーターゼーリションが、21世紀は地球規模で進む温暖化という脅威もあって、旧来のガソリンエンジンがモーターに取ってかえられる世紀になるだろう。

 オートモービルからエレクトリック・ビークル(EV)とクルマそのものの呼び名も変わるかも知れない。そんなことになれば産業構造は劇的に変わり、自動車関連の中小企業のあり方も大きく変わってくる。旧来のガソリンエンジンは複雑にできているため、トランスミッションやディスリピューターなど、エンジンのタテの動きを横の回転に変えるための機械がぎっしりとボンネットのなかに詰め込まれている。

 バッテリーはむしろ補助的な役目でしかなかったのだが、電気自動車ならバッテリーが主役となるため、バッテリーの技術を制するものが世界を制することになるのは自明の理である。

■日産・GMの逆襲

 市場はそんなことは百も承知で、すでにGSユアサなどが値を飛ばしているが、バッテリー・メーカーが次世代バッテリーに血道を上げているのは日本だけではない。

 中国などでもすでに電気自動車は実用化されつつあるし、いまのところ日本のバッテリー技術は世界をリードしているが、一回の充電に時間がかかることや走行距離が短くバッテリー本体が重いなど、まだまだ改良の余地は多い。

 トヨタやホンダが優勢となっているハイブリッド車に出遅れた日産やGMが、これから電気自動車で勝負を挑んでくるのは必至であり、オバマ政権は明確に家庭で充電できるプラグイン電気自動車にウェイトを置く政策をとっている。

 そのためGMのみならずダウ・ケミカルやGEも参入し、官民一体で環境対策車としての電気自動車の開発を行っているし、再生GMの目玉はシボレー ボルトという電気自動車になるようだ。

 日本もいまや政局で政治はガタガタだが、それでも自動車・電池メーカーに加えて大学も参加して「オールジャパン」で次世代電池の開発に乗り出す政策を出してきた。新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)がまとめ役となる。

 ハイブリットに出遅れたメーカーが、どう電気自動車で巻き返してくるか、当分市場は材料にはこと欠かないようだ。

■1回の充電で480キロの走行

できるならフォローしたいですね。
どうも不思議なこともあるようで。

 シリコン・バレーにベンチャーとして誕生した小さな自動車会社が、このほど7人乗りのテスラSという電気自動車を5万ドルで売り出し1000台の予約が入ったとか。1回の充電で480キロ走り出足もいいらしい。

 若い時ならすぐすっ飛んでいって自ら試乗してみたいところだが、読者のどなたか代わりにぜひ現地に行ってみて、実際に自分の目で確かめてきていただけるとありがたい。ダイムラーベンツがこの会社の大株主になっているので、一見の価値はありそうである。理屈より「百聞は一見にしかず」が一番たしかな投資なのである。

 さまざまなスタイルのクルマに出会えるのではないかと思うとワクワクするものだ。楽しくなければ生きている甲斐はない、人生変化があるから楽しいのではないだろうか。

【関連記事】
GMの国有化で感じた「アメリカ的サクセスストーリの終焉」
戦後最悪の数値「GDP神話は終焉」 しかし日本は負けない
怯えていた市場に生気が見えはじめた 「資産家や大企業家は恐慌時に生まれる」
「自ら没落したGM」と「ノー天気なエコノミスト」


(三原 淳雄)

引用はここまでです。

バッテリーバッテリー 価格ユアサバッテリー車 バッテリーバッテリー 寿命バッテリー 映画バイク バッテリーバッテリー 交換バッテリー 充電バッテリー上がりパンドラバッテリーバッテリー ドラマプリウス バッテリーパナソニック バッテリーカーバッテリーバッテリー充電器バッテリー サイズiphone バッテリーPSP バッテリーバッテリー パック自動車 バッテリーノートパソコン バッテリーyuasa バッテリーサブバッテリー電気自動車 バッテリー再生 バッテリーボッシュ バッテリーバッテリー 適合パソコン バッテリー電動自転車 バッテリーオートバックス バッテリーショットガン・リライター数分で1等当選!ミニロト攻略2009上期版日本経済活性化プロジェクト「10億円ビジネスの作り方」セミナーDVD初月は無料!植木良太のFX投資情報アダルトアフィリブログ記事自動生成プログラムFXで年収1000万円を手に入れる究極の解答ビジネスプログラム実践モニター募集自律神経失調症を改善させた食事マニュアル

これぐらいなら私でも・・・!?
私にもできるでしょうか。

パンドラ兼用バッテリー

1年間保証 カシオ/Casio NP-20 互換バッテリー

1年間保証 カシオ/Casio NP-20 互換バッテリー

■ 製品仕様製品名NP-20/NP-20DBA 互換バッテリー電圧3.7V容量700mAh純正品の型番BP-608, BP-608A本体質量19gタイプLi-ionセル耐久性充放電回数300回以上発売元メーカー保証期間1年間保証販売元代理店保証期間6ヶ月保証保護回路本製品には過電流保護、過充電防止、過放電防止の保護回路が内蔵されていますので使用機器にダメージを与えることなく安心してご利用いただけます。充電器との互換性純正の充電器で充電ができます。製造国中国製 (純正品ではございません。)発売元メーカーismart社製 メール便対応商品互換バッテリー計2個まであればメール便(210円諸経費含む)・・・デジもの屋の商品はコチラ

¥787

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。