スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大物テクノバンド「YMO」 26年ぶり復活の真相の速報なら!! (J-CASTニュース)

YMOの最新NEWS!!
なぜこんなことになったんでしょうか。

以下、(大物テクノバンド「YMO」 26年ぶり復活の真相(J-CASTニュース) より引用)

 大物テクノバンド「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」が26年ぶりに日本で「復活」することになった。これまでメンバー3人が一緒に活動することはあったが、「YMO」の名前は封印していた。なぜ復活なのか、ネットではいろいろ憶測も出ている。

■「YMO」という名前は日本では使っていない

 「YMO」は高橋幸宏さん(56)、細野晴臣さん(61)、坂本龍一さん(57)によるテクノバンドで1978年に結成。楽曲「テクノポリス」「ライディーン」と続け様に大ヒットを飛ばし、彼らが奏でる電子音はもとより、その髪型、服装まで真似る若者が続出。社会現象にまでなった。「散開(解散)」したのは83年だが、日本の音楽に与えた影響は非常に大きく、以降、メンバーの3人はソロでも活躍してきた。

 そんな3人が、26年ぶりに日本で「YMO」として登場することが決まった。09年8月9日に東京・夢の島公園陸上競技場で開催される野外ライブイベント「ワールド・ハピネス2009」がそれだ。

 ただし、この26年間、メンバーの3人が一緒に活動することはあった。その時のバンド名は「xYMO」、「ヒューマン・オーディオ・スポンジ(HAS)」、「HAS YMO (ハシモ)」であり、「YMO」というオリジナルの名前は日本では使っていない。

 今回の「YMO」としてのライブは、高橋幸宏さんの呼び掛けで実現したのだそうだ。どのバンド名で出演するか、となったときに、高橋さんが、

  「名前はイエロー・マジック・オーケストラでいいよね?」

と2人に言ったところ、あっさりと決まってしまったという。

■「バンド名のこだわりがなくなった」が真相

 高橋さんの所属事務所オフィス・インテンツィオによれば、日本では「YMO」を使っていなかったものの、海外公演では何度か使われていたそうだ。日本で使わなかった理由は、3人が一緒に演奏したいと考えたとき「YMO」を名乗ると、「再結成だ!」といらぬ騒ぎになることが想定され、それを避けるのが目的だったという。

 しかし、海外では「YMO」の地名度はいまだに高く、08年6月に行われた28年ぶりのロンドン公演では、「YMOで出演してほしい」というオファーがあった。

  「昨年もYMOの名前でロンドンのステージに立っていますので、既に、日本でどの名前にするか、などというこだわりは無くなっているのだと思います」

できるならフォローしたいですね。
素敵なことがあったようです。

と同事務所ではJ-CASTニュースに説明した。

 もっとも、今回の「YMO解禁」には様々な憶測が出ていて、テクノグポップアイドル「Perfume(パフューム)」大人気に代表される「テクノブーム」に嫉妬、触発されたのではないかという見方だ。日本のテクノの元祖は自分達であり、「おちゃめ」な3人だからこそ、改めてその存在を示そう、というのではないか、というものだ。そのためか、掲示板を検索してみると、「パフューム」との関連するカキコミが見られ、

  「前座にパフューム呼んで」
  「パヒュームが歌ってYMOが演奏するのがいいのでは」
  「ジジイパヒュームですね よ~くわかります」

などというものもある。

 ちなみに、事務所によると、「パフューム」や、日本のテクノブームとの関系は「全くない」とのことだった。


■関連記事
週刊現代のミスチル「解散」説 事務所は否定、ファン疑心暗鬼 : 2009/04/08
Toshiが語る 「X JAPAN」再結成の真相 : 2008/06/09
再結成SPEEDが「裏話」披露 デビュー時は仲が悪かった? : 2008/11/24
クレヨンから「はだ色」が消滅 理由は「人種差別に繋がるから」 : 2009/04/15
「職場で笑ってはいけない」 ある出版社の「奇妙なルール」 : 2009/04/16

引用はここまでです。

tag:3連単確率競馬攻略本

私ならどうするかなあ・・・?
何はともあれ、良かった良かった♪

Technopolis PV
Technopolis PV

● YMO ”UC YMO[Ultimate Collection of Yellow Magic Orchestra]CD<通常仕様>

● YMO ”UC YMO[Ultimate Collection of Yellow Magic Orchestra]CD<通常仕様>

坂本龍一が選曲・監修・解説・リマスタリングの究極の2枚組ベストコレクション登場! もはや発掘不可能といわれた未発表音源の「恋人よ我に帰れ」 と、 教授作曲の名曲「Behind The Mask」のCMバージョンや、 ほとんど入手不可能であった、映画Propagandaのエンディングテーマ「M-16」、 フジカセットのCMに使用された「開け心」のステレオバージョンなど、 オリジナルアルバム未収録の「Chaos Panic」や「過激な淑女」など アルバム未収録曲5曲を加え、更に再生テクノドンからも、シングル曲を収録と、ま さに”アルティメット=究極”の名に相応しいベストアルバム! DISC 1 1・・・MUSIC PLAZA HAMADAの商品はコチラ

¥3150

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。