スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏を追及する与党【説明責任果たしてない】

小沢氏の辞任は臭い物にフタをするように、西松建設献金問題に対する説明責任を全く果たしていないとの見方も否めません。このような見方を踏まえて考えてみると当面、小沢氏の信用は失われ、数年後もう一度代表のポストに就くということは難しくなります。
ある意味、政治生命を失ったといえるのではないでしょうか。東国原知事も同じような見解で「逆にイメージを悪化させるのではないか」とコメントをしています。

以下、(「説明責任果たしてない」与党、小沢氏追及へ(産経新聞) より引用)

 自民、公明両党の幹事長、国対委員長らが13日午前、都内のホテルで会談し、辞任を表明した民主党の小沢一郎代表が西松建設の違法献金事件で自身の秘書が逮捕、起訴されたことへの説明責任を果していないとして、今後も小沢氏と民主党を追及していくことを確認した。

捜査が入る前から西松建設献金問題が浮上してくることを、小沢氏は分かっていたのではないかと思います。この時期に捜査が入るだろうと予測できていたのではないかと。いうなら今回の辞任表明は、出来レースだったのはないかと思います。辞任表明での小沢氏の落ち着きぶり、対応ぶりが余りにも狡猾に見えたので、こんな予想をしたまでなので、信じない人は信じなくてもいいです(笑)

 自民党の細田博之幹事長は席上、「小沢氏は辞任表明の記者会見でも、なぜ特定のゼネコンから10年間で約3億円もの金を、偽装までしてもらったのか語っていない」と批判した。

【関連記事】
小沢辞任、閣僚懇で批判相次ぐ 「政策より政局」「敵前逃亡」
麻生首相、小沢辞任で「説明責任果たさなければならない」
【主張】民主党代表選 政策論争なぜ封じるのか
強気に会見…小沢氏、謝罪なき民主代表辞任
「疑惑に答えていない」自民から批判 民主“復調”へ警戒も

引用はここまでです。

説明責任学校 説明責任行政 説明責任技術者 説明責任説明責任 法律説明責任 看護透明性 説明責任顧客満足度 説明責任事業者 説明責任用語 説明責任自治体 説明責任技術士 説明責任bse 説明責任検察 説明責任労働組合 説明責任約定 説明責任説明責任 消費者基本法商法 説明責任説明責任 医療情報公開 説明責任説明責任 副作用説明責任 薬剤師法臓器移植 説明責任重要事項 説明責任説明責任 数学教育日本銀行 説明責任販売 説明責任レンタル 説明責任科学者 説明責任説明責任 例医師 説明責任【Royal Scalping】常識外の順張り手法無資格高収入ネットビジネス

今までに代表経験のある岡田、鳩山、菅などが、代表のポストに返り咲いたところで、国民は「またお前か」と思うに決まっています。経験者の可能性は既にわかっているし、たかが知れているのです。
民主党は、思い切って原口議員を党首にすべきじゃないでしょうか。メディア戦略もあって国民的人気は民主の中では抜群です。そういう思い切ったチェンジでもしない限り、民主党に勝ち目はないのです。

学校のTOSS小事典シリーズ 著者:館野健三出版社:明治図書出版サイズ:単行本ページ数:125p発行年月:2004年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)学校の説明責任が問われる時代になった。学校が行う1時間1時間の授業の内容が問われる時代になったのである。この授業はどんなねらいで、どんな力をつけるのか、説明責任を問われる時代になったのである。教師は、子どもにいかに力をつけるかということに目が行ってしまい、力をつけるための説明をきちんと保護者にしていない場合が多い。教師は、保護者会や学級通信等で授業のやり方などをきちんと説明しておけば、トラブルを未然に防ぐこ・・・楽天ブックスの商品はコチラ責任ー「校長をだせ!」にどう答えるかQA事典

学校のTOSS小事典シリーズ 著者:館野健三出版社:明治図書出版サイズ:単行本ページ数:125p発行年月:2004年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)学校の説明責任が問われる時代になった。学校が行う1時間1時間の授業の内容が問われる時代になったのである。この授業はどんなねらいで、どんな力をつけるのか、説明責任を問われる時代になったのである。教師は、子どもにいかに力をつけるかということに目が行ってしまい、力をつけるための説明をきちんと保護者にしていない場合が多い。教師は、保護者会や学級通信等で授業のやり方などをきちんと説明しておけば、トラブルを未然に防ぐこ・・・<a href=楽天ブックスの商品はコチラ責任ー「校長をだせ!」にどう答えるかQA事典" border="0" />

TOSS小事典シリーズ 著者:館野健三出版社:明治図書出版サイズ:単行本ページ数:125p発行年月:2004年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)学校の説明責任が問われる時代になった。学校が行う1時間1時間の授業の内容が問われる時代になったのである。この授業はどんなねらいで、どんな力をつけるのか、説明責任を問われる時代になったのである。教師は、子どもにいかに力をつけるかということに目が行ってしまい、力をつけるための説明をきちんと保護者にしていない場合が多い。教師は、保護者会や学級通信等で授業のやり方などをきちんと説明しておけば、トラブルを未然に防ぐこ・・・楽天ブックスの商品はコチラ

¥1848

浅野川洪水 行政対応遅れ水害拡大【前半】
浅野川洪水 行政対応遅れ水害拡大【前半】

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。