スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米バンカメ、モーゲージ債問題で争う姿勢示す について調べてみましょう

バンク・オブ・ アメリカの関連ニュースこのニュースは気になりましたね。

以下、(米バンカメ、モーゲージ債問題で争う姿勢示す (ロイター) より引用)



米バンカメ、モーゲージ債問題で争う姿勢示す (ロイター)


 [ニューヨーク 19日 ロイター] 米銀大手バンク・オブ・ アメリカ(バンカメ)<BAC.N>は19日、大口投資家グループが、同行が販売したモーゲージ債について、担保となる住宅ローンに問題があったとして対応を求めたことについて、同行に責任はないとして争う姿勢を示した。


でも疑っちゃいますね。この記事は興味深いです。







 関係筋によると、大口投資家グループは、バンカメが、本来投資家に販売すべきではなかった住宅ローンをモーゲージ債に組み入れたと主張。同行に対し、60日以内に問題を解消するよう求めた。


 関係筋によると、この大口投資家グループは、約165億ドルのモーゲージ債を保有。投資家グループには、米連邦準備理事会(FRB)も含まれている。


 ブルームバーグは、債券運用大手パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー(PIMCO)と資産運用会社ブラックロック<BLK.N>も、この投資家グループに含まれていると報じている。 


 バンカメはアナリストでの電話会議で、同行が販売したモーゲージ債について多くの投資家から根拠のない苦情が寄せられていると批判。


 モイニハン最高経営責任者(CEO)は「シボレー・ベガを買った人が、12気筒のメルセデスが欲しかったと言っているようなものだ」と述べた。


 ただ同行は、モーゲージ債の損失が潜在的にどの程度まで膨らむかはわからないとも表明。これを受け、同行の株価は4%以上急落した。 


 投資家グループは、バンカメ傘下のカントリーワイドに対し「契約不履行通知」を送付。60日以内に問題を解消するよう求めている。


 猶予期間の終了後は、同行を提訴することが可能になる。


 PIMCO、ブラックロック、ニューヨーク連銀はコメントを拒否している。


【関連記事】
米消費者信頼感指数は‐46、前週から悪化=ABC調査
米金融・債券市場=上昇、株価急落で米国債への逃避買い膨らむ
インフレ目標の導入は困難=米ダラス連銀総裁
9月米住宅着工件数は5カ月ぶり高水準、許可件数は減少
〔情報BOX〕FRB当局者のタカ派・ハト派・中間派別スタンス




引用はここまでです。

無駄を省いていていい感じです。この続きが気になるところです。

ビンテージZippo バンク・オブ・アメリカ 1966年製ユーズド
ビンテージZippo バンク・オブ・アメリカ 1966年製ユーズド
・・・ナイフ&ジッポー しんかいの商品はコチラ
¥8500

Bank Of America CEO Gets $125M for Failing


スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。