スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<日本語指導>81歳「戦争は相手国への理解不足が原因」

日本語指導の最新ニュース解説!!
素敵なことがあったようです。

以下、(<日本語指導>81歳「戦争は相手国への理解不足が原因」(毎日新聞) より引用)

<日本語指導>81歳「戦争は相手国への理解不足が原因」(毎日新聞)

 愛知県豊田市で81歳の男性がボランティアで外国人に日本語を教えている。戦争で兄2人を失い、自らは特攻隊を志願した経験を持つ戦中派。「戦争は相手国に対する理解不足が原因」と話し、日本語を通して国際交流を深めるのが願いだ。

 豊田市越戸町の衛藤見夫(みるお)さん。大分県の農家の五男に生まれた。農業、製薬会社、ミシン販売会社などで働き、長男(55)が豊田市内に就職したのをきっかけに37年前、豊田に移り住んだ。外国に興味があり、終戦直後からラジオなどで英語を勉強し、20カ国以上を旅行した。長年、外国人のホームステイを引き受けている。

 次女の勧めもあって6年前、豊田市豊栄町の末野原交流館で1人で日本語サークルを始めた。英語の他、外国人の知人の助けで中国語やポルトガル語のチラシを作って生徒を募集し、毎週日曜午後3~6時に開いている。

 無料で予約は不要。生徒の顔ぶれは毎週のように代わる。中国、ミャンマー、バングラデシュ、ベトナム、ネパール、ペルー、ボリビアなど、これまでサークルに通った生徒の国籍は10カ国以上になる。多い時で10人前後が顔を出すが、当日にならないと何人来るかわからず、日本語のレベルもさまざま。決まったテキストはなく、日常生活に必要な会話を中心に進める。「教えることで勉強になり、私自身の生涯教育でもある」。衛藤さんは笑顔で語る。

 2年前から通うミャンマーのカウン・ミャッさん(28)は「辞書でわからないことを、ここで教えてもらっています」。中国・上海出身の李建平さん(28)は「自由に話せるのがいい」と教室の雰囲気が気に入っている。いずれも中国山東省出身の鄒沙沙さん(21)と曲静瑜さん(21)の女性2人も「いろんな国の人と会えるのがいい」と楽しそう。

 衛藤さんは生徒たちと戦争についても語り合い、相互理解の大切さを痛感した。「今、日本人と外国人との間のトラブルが多いが、双方の理解不足が原因だと思う。このサークルが日本の理解に役立つことを願っている」と話す。【中島幸男】

大げさかもしれませんが(笑
どうも不思議なこともあるようで。

【関連記事】
長崎原爆の日:平和への誓い(全文)
書道展:特攻隊員の遺集、題材に 「平和の祈り」、山口であすから /山口
平和・問い直す夏:戦後65年 自画像が語る複雑な思い /兵庫
国鉄高砂線と加古川飛行場展:戦争を見つめ直そう 写真や模型、路線図など /兵庫
東根空襲の記憶:/3 特攻隊 /山形

引用はここまでです。

マイウェーブ・ダブル

私ならどうするかなあ・・・?
ワケアリってのもいいもんです。

fallout3 日本語版です 朝日とかウシとか

やさしい日本語指導(2)

やさしい日本語指導(2)

商品副データ東アジアの歴史 アークアカデミー/凡人社発行年月:2008年08月登録情報サイズ:単行本ページ数:127pISBN:9784893586865この商品の関連ジャンルです。本 > 語学・学習参考書> 語学学習> 日本語・・・楽天ブックスの商品はコチラ

¥1470

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。