スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また出ました盗作写真!コンテスト受賞作に“加工”疑惑

盗作写真に関する情報!!
なぜこんなことになったんでしょうか。

以下、(また出ました盗作写真!コンテスト受賞作に“加工”疑惑―中国(Record China) より引用)

また出ました盗作写真!コンテスト受賞作に“加工”疑惑―中国(Record China)

2010年8月7日、中国の写真コンテスト「2010年第23回全国撮影芸術展覧(国展)」の芸術部門で金賞を受賞した作品「明日の現実」が、盗作である可能性が高まってきた。揚子晩報が9日付で伝えた。

湖に無数の枯れ木が立ちすくみ、水面には鳥を写した写真が何枚も浮いている作品「明日の現実(明天的現実)」。湖南省のカメラマン・侯謝(ホウ・シエ)氏の応募作で、芸術部門で金賞を獲得したが、これが既存の作品を加工したものであるとの疑いが濃厚となった。

【その他の写真】

盗作の可能性を指摘したのは、江蘇省鎮江市の広告会社経営者で省撮影家協会会員でもある陳聯軍(チェン・リエンジュン)氏。彼の会社で10年前に購入した素材画像集の中にそっくりな写真があることを同社職員が発見した。その“元”写真は作者不明。素材画像集そのものは、訪問販売で購入した「海賊版」であったという。この写真を左右反転し、画像加工ソフトを使って水面に鳥の写真を散らすと、受賞作と瓜二つだ。

今年の全国撮影芸術展覧では18万点以上の作品が優劣を競った。ドキュメンタリー、芸術、コマーシャル、新人と4つの部門が設けられ、合わせて100点が金・銀・銅賞を受賞した。

前出の陳氏の報告を受け、鎮江市撮影家協会の王念約(ワン・ニエンユエ)副会長は、「確かに盗作の可能性がある」と認めている。また、仮に問題の作品が既存作品の加工であったとしても、その既存作品そのものが作者自身の過去の作品である可能性も捨てきれず、詳細の調査が待たれている。

でも疑っちゃいますね。
この記事おもしろいですね♪

中国国内の写真コンテストでは、毎年のようにこうした問題作品が出現する。05年の第1回「国際報道写真コンテスト」では受賞作「広場の鳩にワクチンを(広場鴿接種禽流感疫苗)」が、06年の中国国営テレビ局・中国中央電視台(CCTV)主催「06年10大報道写真」では「チベットカモシカ生存に10の難関―鉄道(蔵羚羊生命中的十道難関―鉄路関)」が、いずれもねつ造であることが指摘され、受賞取り消しとなっている。(翻訳・編集/愛玉)

【関連記事】
中国の盗作文化が新たな経済成長モデルの構築を阻んでいる―米誌
第8回中国撮影金賞で2度目の授賞取り消し=盗作に続き今度はデジタル修正―中国
党中央宣伝部お墨付きの写真大賞で盗作疑惑、本人は「一緒に撮りに行っただけ」と否定―中国
<偽>今度は「ハト」、05年受賞写真もねつ造=「華南トラ」に続き―中国
<偽>報道写真コンテストでまた!「ねつ造」作品の受賞取り消し相次ぐ―中国

引用はここまでです。

涼感寝具オンリーミネラル

まだ私には理解出来かねるところが。
でも果たしてこれでいいのかな?

トレス疑惑

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。