スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベントレー コンチネンタル SSコンバーチブル 日本発表…4シーター

ベントレーの口コミ情報!!
素敵なことがあったようです。

以下、(ベントレー コンチネンタル SSコンバーチブル 日本発表…4シーター(レスポンス) より引用)

ベントレー コンチネンタル SSコンバーチブル 日本発表…4シーター(レスポンス)

ベントレーモータースジャパンは7月22日、東京コンクール・デレガンス(22~25日、東京、潮風公園)の会場において、ベントレー史上最速のオープンモデル、『コンチネンタル・スーパースポーツ・コンバーチブル』を発表した。

[写真7点:コンチネンタルSSコンバーチブルとGTクーペ]

同社マーケティング・PR・アカデミーの横倉典氏は『GT』との外観の違いについて、「縦に大きなバーチカルグリル(フロントバンパー両端、上下方向のインテーク)を装備しています。またボンネット上にベントが装着され、ブライト仕上げとしていたヘッドライト周りやフロントグリルは、スモークスチール仕様となっている点です」という。

これぐらいなら私でも・・・!?
この記事は興味深いです。

「リアは、ブラックアウトされたテールランプと、より大きくなったマフラーエンドが特徴的です。リアのトレッドが左右で50mm広くなっていることでリアフェンダーが他のモデルより張り出しているのも特徴です」

「また、ベントレーはこれまでモデルネームを車体に貼ったことはありませんが、初めてサイドに、すごく小さな“スーパースポーツ”というネームを貼りました」

インテリアは、「クーペは2シーターモデルですが、コンバーチブルは標準で4シーターとなります。カーボン製のバケットシートや、手にしっくりくるソフトグリップレザー、また、アルカンターラを採用したのも初めての試みです。カーボンも装飾品以外、軽量化のために採用したのもベントレーとしては初めてなのです」という。

価格はクーペが3150万円に対し、コンバーチブルは3300万円。受注はすでに始まっており、最初のデリバリーは来2011年の第1四半期を予定しているという。

《レスポンス 内田俊一》

【関連記事】
ベントレー コンチネンタル 特別編集
ベントレー 特別編集
東京コンクール・デレガンス 特別編集
注目の記事 特別編集

引用はここまでです。

大げさかもしれませんが(笑
ん~、あと一押しがほしいですね。

【Aポイント+メール便送料無料】 VA / PICKIN ON DIERKS BENTLEY: BLUEGRASS TRIBUTE (輸入盤CD)

【Aポイント+メール便送料無料】 VA / PICKIN ON DIERKS BENTLEY: BLUEGRASS TRIBUTE (輸入盤CD)

アメリカ盤収録曲:・・・あめりかん・ぱいの商品はコチラ

¥1790

エンスーの杜 ベントレーターボRTマリナー

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。