スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<2010年>中国経済は第2の黄金期へ―専門家予測

中国経済関連・最新記事をお伝え!!
こんなこともあるんですね。

以下、(<2010年>中国経済は第2の黄金期へ―専門家予測(Record China) より引用)

<2010年>中国経済は第2の黄金期へ―専門家予測(Record China)

2010年1月1日、経済専門家らの予測では、今年の中国経済は第2の黄金期を迎えるという見通しであることがわかった。新華社の報道。

できるならフォローしたいですね。
本当に驚きました。

清華大学中国・世界経済研究センターの李稲葵(リー・ダオクイ)主任は、「中国経済の発展は完全に楽観的なものであり、今後30年の良好な発展のためにも、堅固な基礎作りを進めるべき」としている。

【その他の写真】

国務院発展研究センター金融研究所の巴曙松(バー・シューソン)副所長は、「世界の金融市場は08年のリーマン・ショック以前のレベルにまで回復を見せ、中国は世界でも主要な経済大国であることの存在感を見せるとともに、国内経済の発展も間断なく加速している。中国にとって2010年の発展指標はもはや「成長維持」ではなく、景気循環における拡張期をいかに存続させるかという点にかかっていると述べた。(翻訳・編集/愛玉)

【関連記事】
<2010年><中国経済>見通しは楽観的、しかし不安要素も―韓国紙
中国経済に関する3つの間違いとは―米メディア
<東アジア共同体>中国経済にとってはリスク―日本華字紙
昨日の日本は明日の中国=人口構造の転換期迎える中国経済の不安―中国紙
ハデ婚ブームで潤う中国経済=一人っ子同士の結婚式、ますます派手に―英メディア

引用はここまでです。

中国経済

これだけのことができるなら・・。
まあ、こんなこともあるってことで(笑

中国経済・産業データハンドブック(2007年版)

中国経済・産業データハンドブック(2007年版)

出版社:アジア産業研究所サイズ:単行本ページ数:678p発行年月:2008年06月【目次】(「BOOK」データベースより)1 2006年の国民経済と社会発展状況/2 2007年の経済社会発展目標と措置/3 2006年の国民経済動向/4 産業活動/5 中華人民共和国政府機構/6 各種経済団体リスト/7 全国省市基本状況/8 香港、マカオの主要経済統計この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 日本経済・・・楽天ブックスの商品はコチラ

¥63000

中国経済の闇と現実2/3

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。