スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Core 2 Quad搭載の水中ロボットが競技大会で活躍―YouTubeのインテルチャンネル

水中ロボットについての情報提供します!
私的にはアリなんですが・・・

以下、(Core 2 Quad搭載の水中ロボットが競技大会で活躍――YouTubeのインテルチャンネル(RBB TODAY) より引用)

Core 2 Quad搭載の水中ロボットが競技大会で活躍――YouTubeのインテルチャンネル(RBB TODAY)

 インテルは、YouTubeの公式チャンネル「channelintel」に新しい映像を公開した。

大げさかもしれませんが(笑
これはこれでおもしろいです。

ほかの画像や動画

 「Carl Hayden High School Robotics」と題された映像は、ロボット工学(Robotics)を学ぶ高校生たちの奮闘を描いたもの。スポットが当てられた米アリゾナ州フェニックスにあるCarl Hayden High Schoolは、ロボットの競技大会で様々な賞を獲得している、“その筋”では有名な高校なのだという。

 映像では、チームを組んだ生徒たちが「The National Underwater Robotics Challenge 2009」と呼ばれる大会へ一丸となって取り組む模様が描かれている。本大会は米国各地におけるテクノロジーを学ぶ生徒たちを応援する主旨のもので、水中で自作のロボットを操作して物をつかむといった競技を行なう。

 操作そのものは、プール横の3Dビジョンシステムを使用。この操作を複数のメンバーが分担して行なうのだが、なかなか思い通りにロボットが動かない。バッテリ不具合の問題なども重なり、顧問の先生も「水中でロボットが物をつかむのがどんなに難しいことか」を力説する。イライラが高じて、生徒同士がケンカする場面も。だが、最終的には競技を成功させ、顧問が健闘を称えて幕を閉じる。

 このシステムで役立ったのがインテルのCore 2 Quadというわけだ。生徒の1人が「こういうロボ工学に関わってる人たちは、みんなインテルが好きなんだ」と絶賛するシーンなどは、いかにもインテルのチャンネルらしいが、競技そのものは興味深い内容だ。

【関連記事・リンク】
【動画】インテル、ロボット大会で奮闘する高校生の姿をYouTubeに公開
米インテル、新しいテレビ体験を提供するシステム・オン・チップ「Atom CE4100」
インテル、2009年第3四半期の決算を発表 ~ 過去30年で最高の伸び
米インテル、「IDF Fall 2009」で32nmプロセス「Westmere」を公開――22nmプロセス製造技術も紹介
インテル、ノートPC向けのCore i7プロセッサーを発表

引用はここまでです。

ロケットパワーにんじん君ロケットパワーにんじん君 分解ロケットパワーにんじん君 ショート裏ロト6投資術10万円からをFXをスタート★デイトレ手法ホームレスを退職した男のかつてない産金録インスタントFXシステム【ユーロ円】システム化された集金の仕組みを差し上げます年間総額1億円以上を稼ぎ出す方法★弱者救済ブラックセミナー海外旅行完全サポートマニュアル情報起業がさらに進化!望月流すごい情報起業3日に1度たった5分の超簡単作業をするだけで月12万円の副収入インテリジェンス・ダービーECOオーバーチュア完全攻略マニュアル★オバQパワーモーニング投資法日経225先物シグナルこれまで独占してきた市場を開放しますわらしべ長者【ゴールド会員】パワーモーニングメール即日即金魂

大げさかもしれませんが(笑
ワケアリってのもいいもんです。

水中ロボットUnderwater robot

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。