スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本社会に蔓延する「北朝鮮恐怖症」―中国ブログ

北朝鮮恐怖症の速報なら!!
なぜこんなことになったんでしょうか。

以下、(日本社会に蔓延する「北朝鮮恐怖症」―中国ブログ(Record China) より引用)

日本社会に蔓延する「北朝鮮恐怖症」―中国ブログ(Record China)

2009年4月21日、北朝鮮が発射した長距離弾道ミサイル問題に絡み、香港出身の政治学者、林泉忠氏が日本の「北朝鮮恐怖症」について解説した。鳳凰網が伝えた。

北朝鮮は5日、人工衛星と称して長距離弾道ミサイルを発射した。これに対し国連安全保障理事会は13日、発射は国連安保理決議に違反するとして北朝鮮を非難する「議長声明」を採択。これに怒った北朝鮮は14日、6カ国協議からの離脱と核開発の再開を表明した。

【その他の写真】

林氏によれば、今回の発射問題で北朝鮮は国際社会での孤立という代償を払ったものの、日本の「北朝鮮恐怖症」を刺激することに成功。当初は国連決議案の採択を強く主張していた日本だが、頼みの米国にも見捨てられ、最終的には北朝鮮からの報復を恐れる形で「中国が積極的な役割を果たすことを期待する」と述べるにとどまったと指摘する。

日本がこれほどまでに北朝鮮に「過剰反応」を示す背景として、林氏は日本社会に蔓延する北朝鮮への高い警戒心と極度の不信感を強調。その大きな原因は日本人拉致問題や周辺国として戦後唯一、国交回復していないことにある、と分析した。(翻訳・編集/NN)

●林泉忠(リム・チュアンティオン、りん・せんちゅう)
香港出身の政治学者。琉球大学法文学部准教授、ハーバード大学フルブライト学者・客員研究員。1964年中国アモイ生まれ。1978年に香港へ移住。1989年来日。1994年、桜美林大学国際学部卒業。2002年、東京大学より博士号(法学)取得。日本、台湾、香港などで数多くの論評を発表している。

私ならどうするかなあ・・・?
どうも不思議なこともあるようで。

※本記事は筆者の承諾を得て掲載したものです。

【関連記事】
<北朝鮮ミサイル>この騒動の勝者は?敗者は?=なお残る5つの謎―台湾メディア
<北朝鮮ミサイル>最も危険な5分間、ミスがあれば戦争の危険性も―中国紙
<北ミサイル>北朝鮮の地位が向上、日本は不利に―中国評論家
必読!北朝鮮旅行でのタブー―中国ブログ
北朝鮮の食糧難、隣国から見た3つの原因とは?―中国ブログ

引用はここまでです。

tag:|楽天PR北朝鮮インターネットヨガ道場

大げさかもしれませんが(笑
こうなることを望んでいます。

北朝鮮ミサイル発射の第一報
北朝鮮ミサイル発射の第一報

北朝鮮開城産紅参レッドジンセン240錠六箱

北朝鮮開城産紅参レッドジンセン240錠六箱

北朝鮮の開城産紅参は,常に国際市場で最高価格にて取引されています。 広告文責 (有)大野元一郎薬局0120-093-503 販売 (有)三宝 区分 日本製・健康食品・・・大野元一郎薬局の商品はコチラ

¥57600

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。