スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界はあと何年もつ?を予測した図

世界はあと何年もつ?、とても気になります。
これは気になります!!

以下、(世界はあと何年もつ? を予測した図(ギズモード・ジャパン) より引用)

世界はあと何年もつ? を予測した図(ギズモード・ジャパン)

エネルギーも心配だけど、もっと心配なのはモノを作るとき使う原料。それがイヤというほどよく分かるグラフです。


【 世界はあと何年もつ? を予測した図(追加写真) 】


エネルギーなら太陽・風・海みたいな半永続的なソースから調達できますが、地球の物資埋蔵量はもっと限られてます。それに一度使い果たしちゃうと今の(次の世紀でも)技術では、おいそれ他の惑星から物資を調達するってわけにもいかないし…最悪です。

で、地球の資源埋蔵量が枯渇するのはいつなのか?

仮に世界消費が2006年のアメリカ国民一人当たりの消費レートの半分で進むとすると、早いですよ。あと20年です。 銅 ?みなさんの身の周りの至るところで使われている? はあと約61年で底を突きます。アンチモン ?医療分野で広く使われている? は20年で全部使い果たします。インジウム、ロジウム、プラチナ、銀 ?生活必需家電の多くに採用されている? もそう長くは続きません。

2006年の世界人口一人当たりの消費レートで進めば、米国民の消費量の半分をとるよりは長もちしますけど、いやあ、この人間様にはイナゴの大群も真っ青ですね。

あ、そうそう、このグラフは独アウグスブルグ大学のArmin Reller教授と米エール大学のTom Graedel教授が2007年5月にまとめたものなので、こっからさらに2年ずつ引いた数字が2009年現在の予想残り年数となります、はい。

これはもう、技術を飛躍的に進化させ、再利用率を劇的に増やし、アポフィスで地球が壊滅するとか、LHC(大型ハドロン衝突)で人類が別の次元に抜けちゃうとか、ナチスのゾンビが復活して僕らみんなをベーコンにしちゃうとか、なにか尋常ならざる天変地異でも起こんない限り、僕らと子どもに明日はないようです。

今週も週末を無事迎えることができたら御の字という調子で、
1週1週なんとか生き延びて参りましょう…。


参照サイト : http://www.newscientist.com/ [New Scientist]
参照サイト : http://www.darkroastedblend.com/2009/04/extreme-roads-in-uganda.html [Nova, Dark Roasted Blend]

Jesus Diaz(訳:satomi)

できるならフォローしたいですね。
この記事は興味深いです。


【関連記事】
イルカやクジラが喜ぶ船を低燃費で走らせる「Sailing Kite」
科学者が羨望する月面の「ヘリウム3」
ケータイやPCのリサイクル「資源有効利用」は真っ赤なウソかもしれない最新実態

引用はここまでです。

tag:|楽天PR世界 消費アフィリエイト虎の巻★塾をも超える教材

どうやったらこうなるんでしょう。
やっぱりしんどいかもしれません。

什麼都有問題 中國製?品沒人買
什麼都有問題 中國製?品沒人買

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。