スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央が明かすキム・ヨナの「意外」な一面…「日本語で『お疲れ様』と言ってくれた」

1:2014/02/25(火) 18:33:41.09 ID:
 浅田真央と金妍児(キム・ヨナ)――。ふたりの女子フィギュアスケーターの
「ライバル物語」は、ソチ五輪をもってひとつの区切りがついた。

 演技終了後、浅田選手はある興味深いエピソードを明かした。
キム選手から日本語で「お疲れ様」とねぎらいの言葉がかけられたというのだ。
日本語を話す姿は、これまであまり見られなかった意外な一面かもしれない。

■内田アナに日本語で「お腹がすいた?」
 キム選手はソチ五輪での記者会見で、浅田選手について聞かれた際に
「私たちほど常に比較され、試合をしてきた選手はいないと思う。お互いに
立場を理解でき、彼女の涙を見たときは私もこみあげてくるものがあった」と共感を示した。
さらに「これまで本当にお疲れ様と言いたい」と続けた。

 これはリップサービスではなかった。2014年2月23日放送の「S1」(TBS系)で
シドニー五輪の女子マラソン金メダリスト、高橋尚子さんと対談した浅田選手は、
ソチで交わされたキム選手との会話を明かした。浅田選手の方から「おめでとう」と
声をかけ、一緒に写真を撮ったのだという。

 すると、「お疲れ様って……日本語で『お疲れ様』って(言ってくれた)」と笑いながら話した。
ジュニアのころから否応なしに比べられ続けてきたふたりだけに、この短いやり取りで
十分だったかもしれない。(
>>2
以降に続きます)

ソース:J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2014/02/25197669.html?p=all

続きを読む

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。