スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代スパコン「天河2号」、3年以内に計算速度を日本の「京」の10倍に―中国

次世代スパコン関連・最新記事をお伝え!!
私的にはアリなんですが・・・

以下、(次世代スパコン「天河2号」、3年以内に計算速度を日本の「京」の10倍に―中国 (Record China) より引用)

次世代スパコン「天河2号」、3年以内に計算速度を日本の「京」の10倍に―中国 (Record China)

2012年3月12日、スーパーコンピューター(スパコン)の計算速度世界ランキングで昨年6月に日本の「京(けい)」に世界一の座を奪われた中国が、「3年以内に『京』の10倍以上の性能を持つ『天河2号』を完成させる」と自信を見せている。南方日報が伝えた。

【その他の写真】

2010年11月に世界ランキング1位に輝いた「天河1号A」を開発した中国人民解放軍国防科学技術大学(湖南省長沙市)が来月、広東省の中山大学に研究・開発拠点を開設する。2015年末までにさらに高性能の次世代スパコン「天河2号」の演算処理速度を毎秒10京回(京は1兆の1万倍)以上にするとしている。これは現在世界一を誇る日本の「京」の10倍。中国はこれにより、再び世界一奪還を目指す。

第12次5カ年計画(十二五、2011~2015年)の863計画の一環。昨年11月に同大学と広東省政府、広州市政府、中山大学が広州で署名式典を行った。開発にかかる費用は総額で24億元(約312億円)に上る予定。(翻訳・編集/NN)

ニュースって素敵だ(笑
うなってしまいました。

【関連記事】
「スパコン世界一」奪還に日本のネットユーザーが歓喜の声―中国メディア
日米中スパコン大戦が開幕、日本が世界一を奪還も中国は数で勝利―中国紙
中国の世界最速スパコン「天河1号」、核融合シミュレーションに応用―中国メディア
中国独自開発のペタフロップス級スパコン「星雲」が稼働開始―広東省深セン市
2010年の「世界最速」、スパコンと列車はともに中国製―米メディア

引用はここまでです。

めったにないことですよね。
疑うことは誰でもできますよね。

次世代スーパーコンピュータ漫才

スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。